ワンコを飼おうと決め、我が家に迎えて初めて飼い主が行うしつけはトイレトレーニングはないでしょうか。

トイレトレーニングに失敗し、どこでも排泄を行うようになってしまうと不衛生なだけでなく、来客時にも嫌な思いをさせてしまうことになります。

特に部屋の中で飼うことの多い小型犬など、トイレはどこでするのか、いつするのかなど決まりを覚えさせ、ルールを作っていくことが快適な空間で一緒に生活していくことには必要です。

トイレトレーニングの方法はいくつかありますが、すぐにはうまくいかないこともあるでしょう。

しかし、家族の一員となった愛犬との楽しい時間のために根気よく訓練をつづけ、トイレトレーニングを成功させましょう。

トイレトレーニングは環境が関係する

実は子犬の育った環境はその後のトイレトレーニングに関係することをご存知でしょうか。

ブリーダーやペットショップで小さい間育った場合に多いのですが、トイレをしてもすぐに片付けてあげられない状況の中でいつも生活していると、なかなかスムーズにトイレトレーニングが進まないことが多いのです。

犬は本来自分の寝床を汚したくないという習性があるため、生活をする場所でのトイレはあまりしたくないのです。

しかし、いつも汚れている環境に慣れてしまうと、どこでも排泄をしてしまうようになってしまいます。

トイレの意識が低かったり、食糞する癖がついてしまってからのトイレトレーニングは少し根気が入りますので、小さいうちからできるだけきれいな環境で生活するよう気をつけましょう。

トイレトレーニングに必要なもの

人間の言葉が通じないワンちゃんにトイレトレーニングを覚えさせる為に、最低限必要なものがあります。

サークルやゲージ

サークルやゲージの大きさは子犬が軽く2頭は入るサイズのもので、大きすぎても小さすぎてもトイレトレーニングでトイレの場所を覚える事が出来ません。

必ず適度なサイズのものを用意してあげてください。

扉はあってもなくても構いませんが、トイレとくつろぐことのできるスペースとの仕切りが必要です。子犬がかじっても破損しないもので用意しましょう。

ステンレスのパイプやブックスタンドなどを利用してもいいですね。

仕切りは子犬の足の長さより高く、行き来が容易にできるもので準備しましょう。

トイレシーツ

値段も品質もサイズも様々なものが発売されているペットシーツですのでご家庭に合ったものを準備してください。

なかには消臭効果が高いものから厚手のものまでいろいろあるので購入する時悩んでしまうかもしれません。

また、ペットシーツは子犬にとって格好の遊び道具になってしまうことも多々あります。

布製のペットシーツなら中身が飛び出してぐちゃぐちゃになることもありませんし、何度も洗って使えるので経済的でもあるのでおすすめです。

トイレトレーを使って中にペットシーツを入れるものも良く使われていますね。トイレシートをおもちゃにして遊んでしまう場合、スキンシップなどが足りず、ストレスが溜まってしまい発散のために行っている場合が多いです。

気に入ったおもちゃで一緒に遊んであげたり散歩に行ってみるとあまりぐちゃぐちゃにして遊ばなくなることもありますよ。

トイレトレーニングではトイレシーツの感触を犬は覚え、このトイレシートの感触がする場所では排泄していいんだという事を教えることが基本です。

遊んでいる時でも排泄しそうなタイミングでペットシートの場所へ連れて行き、ペットシートの上での排泄を促しましょう。

消臭用スプレーや除菌シート

トイレトレーニング中はどうしてもペットシーツではない場所でオシッコをしてしまう失敗はつきものです。

そんな時は怒らずに淡々と無表情で片付けし、しゅっとふと吹き消臭用スプレーや除菌シートできれいにお掃除をしましょう。

トイレに失敗した個所に臭いが残ったままだと、再度その場所でトイレをしてしまう事があるのです。

きれいに臭いまで拭き取って失敗を繰り返さないようにしましょう。

トイレの場所はどこにするのが一番良い?

子犬にとって今後ずっとトイレの場所として覚えておく場所になりますので慎重に決めましょう。

今までに何度も排泄をしてしまうなど、子犬が排便場所として気に入っていそうな場所がすでにできている場合はその場所の方が覚えるのが早くて便利になるかもしれません。

また、トイレトレーニングは粗相がつきものですので、もしも失敗したとしてもお掃除が比較的簡単な場所を選ぶほうが良いでしょう。フローリングなどの場所がない場合にはビニールシートや新聞紙を敷く等、水分がしみ込んでいかないよう工夫しましょう。

トイレスペースの近くにカーペットやバスマットなどトイレシーツの踏み心地と似たような環境があると子犬は見分けがつかない場合があります。その場合はトイレトレーを使うなど踏み心地に変化をつけてあげるのがいいですね。

場所を決めたらサークルやゲージを置きペットシーツを敷きます。最初は寝床部分以外すべてにペットシーツを敷き詰めるようにしましょう。

慣れてきたようでしたら徐々にペットシーツを敷く面積を狭くしていくといいでしょう。

トイレトレーニングの注意点

強そうなオス犬

さあ、トイレトレーニングを始めようと思ったらまず気をつけたい注意点は「失敗させない」ということです。

成功したらしっかり誉めてやり、失敗しても怒ってはいけません。

なぜなら子犬は怒られたことにより、排泄自体がいけないことだと思ってしまい、トイレを我慢するようになったり食糞行動に出てしまったりするからです。

トイレを覚えるのにはとても時間がかかりますので、焦らずじっくりと出来るようになったとしても1歳を迎えるころまでは成功した時にはしっかり誉め続けてください。トイレトレーニングはまさに誉める事から始まるのです。

掛け声をかける

子犬がなかなか落ち着いて排泄できていないなと感じたら、排泄時に「シーシー」などの掛け声をかけてあげましょう。次第に掛け声を聞くと排泄の時間だと思いそのタイミングでトイレをするようになります。

この掛け声ですが、家族が皆違った言葉をかけてしまうと犬は混乱してしまいます。家族で統一した掛け声を決め、皆が同じ言葉で声掛けしてあげるようにしましょう。

トイレのタイミングを読み、声掛けをすることが大切で子犬の大切するタイミングは大体眠りから覚めた時や食事の後、遊んだ後などです。

このタイミングでトイレへ連れて行き、成功の体験をしっかりさせ誉めてあげましょう。

失敗した時

子犬が粗相をしてしまった場合、どうしても叱ってしまいたくなるのも気持ちはわかりますが、決して叱ったり大きな声を出してはいけません。犬は排泄自体が悪かったのだと勘違いしてしまい、排泄することを我慢してしまったり食糞する癖がついてしまうことがあるのです。

せっかくのトイレトレーニングも台無しになってしまいますね。

間違った場所で排泄してしまったら、一切目を合わせることなく淡々と早々に片付けすることが重要です。そして、その後しばらく相手をしないことです。

大きな声を出したりかまったりすることで、遊んでくれていると思ったり誉めてくれたと勘違いすることもあるからです。

その結果飼い主の気を引くためにわざと粗相するようになることも考えられます。

誉める時と無視する時の差を大きくし、決して勘違いさせないようにしましょう。

まとめ

子犬のトイレトレーニングは犬も飼い主さんも最初は大きなストレスを感じるかもしれません。

しかし、共に生活していくうえで必要不可欠なしつけです。

多くの飼い主さんが頭を悩ませるこのトイレトレーニングですが、覚えてしまえば快適に生活する事が出来行動範囲もずいぶん広がります。

それぞれの個性と特長があるかと思いますのでいくつか試してみて無事に成功へと導いてください。