皆さんはご自身の愛犬の耳の臭いが気になったことはありませんか?

犬を飼われている方の多くが、きっと一度はわんちゃんの耳の臭いを嗅いだことがあると思います。愛犬の耳の臭いが気になる時、愛犬が耳を掻いている時、そこにはどんな病気が隠れているのでしょうか?

まずは、わんちゃんの耳が臭くなるか原因と対処法について考えてみましょう。

どうして耳が臭くなるの?〜耳の臭いの原因・治療・好発犬種について〜

細菌性外耳炎

まず耳が臭い原因の多くがこの細菌性外耳炎に由来します。外耳炎とは、簡単に言うと耳の鼓膜の外側が炎症を起こしている状態です。わんちゃんの中にはトイプードルのように耳が垂れている犬種が多いため、耳の中の通気性が悪くなりそこに細菌が繁殖してしまいます。その結果できてくる膿の臭いが、耳の臭いとして気になってくることになります。

最初は臭いが気になるだけですが、ひどくなってくるとわんちゃんが耳を引っ掻くことにより出血が起こることもありますので、気がついたら病院に行きましょう。また放置すると炎症が鼓膜を超えて内耳にまで広がり、斜頸(頭が傾くことです)を起こすこともあります。

動物病院では耳の掃除と、症状が重度であれば抗菌剤の内服薬が出ますので指示にしたがって服用してください。また、耳に入れる点耳薬が処方されることもあります。

外耳炎の好発犬種は耳が垂れている犬種全般です。ただ、もちろん立ち耳の犬でも起こりますのでたまにチャックしてあげてください。

マラセチア性外耳炎

次に多いのがこのマラセチア性外耳炎です。マラセチアとは皮膚に感染する酵母菌の一種で、カビだと考えると理解しやすいと思います。

マラセチア性外耳炎の特徴は、非常に独特な発酵臭と赤茶色の耳垢です。外耳炎と異なり膿むことは珍しいですが、耳垢の量がとても多くなります。

またマラセチアの感染が慢性化して来ると、耳表面の皮膚が乾燥し肥厚してくることも特徴の一つです。

マラセチアは通常の皮膚にも少数いる常在菌ですが、通気性の悪い場所で異常繁殖し独特な臭いを引き起こします。

市販のイヤークリナーでは治らないので、まずは動物病院で耳垢を検査してもらい確定診断をつけてもらうのが大切です。一般的には獣医師が、抗真菌剤の入った点耳薬を処方してくれるでしょう。

疥癬

疥癬と聞くとなんだか難しく考えがちですが、これは耳に感染するダニのことを指します。細菌性外耳炎とマラセチア性皮膚炎の原因は、正常な皮膚でも存在する細菌またはカビが原因であるのに対し、疥癬は寄生虫であり通常の皮膚には存在しません。主な感染経路は接触感染なので、ドックランやペットショップで他の犬や猫と接触した際に感染が起こることが多いです。

疥癬は一般的に若い子犬に見られることが多いですが、この感染症もたくさんの耳垢が出ることが特徴的です。マラセチア性外耳炎の耳垢とは異なり、疥癬の感染で見られる耳垢は乾燥しています。ペットショップから来たばかりの子犬がしきりに耳を気にしているようでしたら、一度動物病院で診察を受けることをおすすめします。

アレルギー性外耳炎

アレルギー性外耳炎は主に食物または環境アレルゲンに対して、皮膚が炎症を起こすことを指します。アレルギー性外耳炎の症状自体は皮膚の赤みと痒みであり臭いを伴わないことが多いですが、そこに細菌が感染することで臭いを発する場合があります。一般的には全身性(アレルギー性皮膚炎)の症状を伴いますが、犬によっては耳だけに症状が出ることもあります。

アレルギー疾患に関する薬は多岐にわたります。食物アレルギーの場合はドッグフードの変更などで治る可能性がありますが、アレルゲンの特定は難しいため治療方法に関しては獣医師としっかり相談してください。

好発犬種はアレルギーを起こしやすい、柴犬、フレンチブルドック、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどがあげられます。

腫瘍

稀に耳の中に腫瘍ができ、その部位に細菌が感染することにより強い臭いを発することがあります。腫瘍は肉眼的に見れない部位にあることもありますので、根強い臭いまたは汚れが耳の中に残る場合は、一度動物病院で耳鏡検査をしてもらった方が良いかもしれません。腫瘍は放置すると耳の穴を完全に塞ぐことがあるので、場合によっては手術が必要になることがあります。

有名な耳の腫瘍の好発犬種はアメリカン・コッカー・スパニエルです。この犬種は耳の汗腺が増殖しやすく、腫瘍だけでなく様々な耳の病気を引き起こします。また、腫瘍は基本的に老齢の動物に発生しますので若い犬で起こることは少ないです。

犬の耳の掃除方法は?〜推奨する掃除方法とやってはいけないこと〜

何かを見上げるワンちゃん

次に愛犬の耳の掃除方法についてご説明します。前述した病気の中で細菌性外耳炎やマラセチア性外耳炎は普段のお手入れで予防できる可能性があります。しっかり覚えて愛犬で実践してみてください。

推奨できない掃除方法

動物病院に行くと獣医師が綿棒を耳の中に入れているのをよく見かけると思いますが、普段の耳掃除で綿棒を使用するのは基本的に推奨しません。

なぜなら私たちは耳の構造全てが見えているわけではないので、鼓膜を傷つける可能性があるからです。

綿棒で耳を掃除するのはそこに病気や非常に多くの汚れがあるからであり、それを行なって良いのは耳の構造を知っている獣医師だけだと理解してください。

また、耳の中にイヤークリーナー以外のシャンプーを入れて洗うのも絶対にやめてください。耳の中の皮膚は基本的に体表の皮膚よりも弱いので、それだけで耳を傷つける炎症を誘発することに繋がります。

推奨する掃除方法

まずはイヤークリナーを含ませたコットンで、耳の表面の手がとどく範囲を拭き取ります。この際無理に耳の穴の中にコットンを突っ込まないことと、あまり強く擦りすぎないことを心がけてください。

そして次に耳の穴の中に直接イヤークリナーを注ぎます。え?こんなことして大丈夫?と思った方もいるとは思いますがきっちり拭き取れば全く問題ありません。

そして耳の中にイヤークリナーを入れた状態で外側から外耳道(耳の穴だと考えてください)を優しく数回揉みます。これだけでイヤークリナーに含まれている洗浄成分が耳の中の汚れを落としてくれます。最後に乾いたコットンで耳の中に入れた洗浄液をできるだけ拭き取ってください。

十分に拭き取れない場合でも、わんちゃんは基本的に首を振って液体を外に出すのでまず問題はありません。また、病院で点耳薬が処方された場合は効果を最大限に引き出すため、全て終わった最後の段階で耳に入れてあげてください。

この方法で耳を掃除する利点は、素人が耳の中の皮膚を傷つけないということにあります。

繰り返しますが、耳の中の皮膚はとても繊細です。

例をあげると毎日綿棒で耳掃除をすれば、確実に耳が炎症を起こします。そのため、家で定期的に行うケアの方法としてはこの洗浄方法が最も最適だと言われています。

頻度としては耳の病気にかかりやすい子で1週間に1回、それ以外の子は1ヶ月に1回程が目安になります。くれぐれも毎日やりすぎないことと、愛犬に耳掃除に対する恐怖心を与えない程度にしてください。

ただ夏場は耳の中が蒸れやすくなるため、小まめにチャックをして汚れがあれば掃除を実施するのが良いでしょう。