長年愛犬と暮らしていると、たまに人間と同じようにクシャミをします。

その音や仕草はなんとも可愛らしいもので思わずホッコリ、なんていう飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、そのくしゃみが「連続で続く」とか「鼻水も一緒に出る」などの場合は注意が必要です。

ここでは犬がクシャミをするシチュエーションや、くしゃみの種類によって考えられる病気について、飼い主さんの犬のくしゃみに関する疑問を徹底的に解説していきます。

犬がクシャミをするのはどんな時?

犬がクシャミをする原因は、人間と同じように鼻になんらかの異物が生じ、鼻腔の粘膜がそれを察知して神経を刺激することで発生します。

では、犬のくしゃみで考えられる原因をあげてみましょう。

埃やチリ・花粉などによるクシャミ

犬も人間と同じように鼻で外からの空気を取り込んでいます。

その際に、外気に含まれているチリや埃といったものを吸い込むことで生理的なクシャミを発します。また、ハウスダストや花粉によるクシャミはアレルギーの可能性があります。

キツイ刺激臭によるクシャミ

犬の嗅覚は非常に優れています。

その為、人間以上に匂いを感じやすく、人間にはなんでもない匂いでも犬にとっては強烈な刺激臭となる場合があります。

例えば、アルコール(お酒)・殺虫剤・香水・タバコなど。このように匂いの強い刺激物は出来るだけワンちゃんたちの近くには置かないようにしましょう。

参考記事

ワンちゃんにお酒は絶対ダメ!犬のアルコールの致死量を詳しく解説!

嬉しさのあまりに出るクシャミ

ごく稀ですが、嬉しすぎてクシャミが出る時があります。

飼い主さんが帰宅した時や散歩に連れていってくれる・甘やかしてくれる等、本当に喜んでいる場合にクシャミが出ることがあります。

なんらかの病気によるクシャミ

もっとも注意をしなければいけないのがコレ。

上記のような軽いクシャミであればまったく心配はありませんが、くしゃみの仕方によっては病気のサインです。

では、くしゃみの仕方によって考えられる病気をひとつひとつ挙げていき、その症状や対処の仕方を説明していきます。

犬のくしゃみが止まらない?!連発のくしゃみは要注意!

たまに「クシャン!」とするくらいなら問題はありませんが、続けざまに何回もくしゃみが出るような場合は、病気の可能性を疑いましょう。

ここでは、考えられる大きな病気をあげていきます。

犬ジステンバーウイルス感染症

ジステンパーウィルスによる感染症で、一度感染したら致死率が非常に高い恐ろしい病気です。

くしゃみ以外の症状では、目ヤニ・40度前後の高熱・下痢・嘔吐など。

完治することは難しく、予防方法としては年に数回のワクチン接種で感染を防ぐことができます。

フィラリア

ジステンバーと同様に怖い病気で、「犬糸状虫症」ともいいます。

蚊によって媒介され、くしゃみというよりも咳といった感じです。下を向いて吐き出すような特徴的な咳の仕方をするので比較的容易に見分けがつきます。

咳の他には、散歩の拒否・肝臓や腎臓の障害・腹水・足のむくみなどがあります。

予防法は定期的な投薬と注射によるものがあり、自宅で出来る予防としては蚊取り線香を常に炊くなどでしょう。

気管虚脱

ガーガーとアヒルが鳴くような乾いた咳をします。

これは器官が様々な原因により変形し、気道が狭くなることによって呼吸がしにくくなる為に起こる呼吸器疾患の症状で、呼吸困難やヨダレといった症状も見られます。

特に小型犬に多い病気ですが、肥満犬や高齢犬・短頭種なども発症します。

原因不明の為、これと言った予防方法はありませんが、治療としては投薬治療や注射となります。

くしゃみと一緒に出る鼻水には要注意!

くしゃみというのは主に鼻への刺激で生じるものです。

「くしゃみとともに鼻水もひどい!」というような場合に考えられる病気をみてみましょう。

感染性鼻炎

細菌やウィルス・真菌などによっておこり、比較的若い犬に感染しやすいとされています。

様々な性状の鼻汁がありますが、膿みのようなものや、場合によっては血が混じっていることも。ジステンパーなどでも鼻水が出ます。

アレルギー性鼻炎

人と同じで、季節の変わり目や埃・ハウスダスト・花粉などで発症します。(後述にて詳細に解説しています) 

鼻粘膜腫瘍

「鼻腔内腫瘍」とも言い、鼻の内部に腫瘍ができ、ひどくなると膿状態の鼻水が出てしまいます。

通常は両方の鼻から鼻汁が出ますが、鼻粘膜腫瘍の場合片方からしか出ず、しかも長期間にわたって出続けます。

その他にも鼻水が原因の病気には、歯周病・蓄膿症・副鼻腔炎などがあります。

治療法としては抗生物質や消炎剤の投与、アレルギーが原因の場合はアレルギー治療がおこなわれます。

えっ、犬も風邪をひくの?その咳はひょっとすると風邪の症状かも?

横を向いてしまった犬

犬がクシャミや鼻水を出してだるそうにして食欲がない・体が熱いなど、明らかに人間の風邪の症状に似た様子をしていたら「もしかして風邪?」と疑いたくなる気持ちもわかります。

ですが、犬には風邪という病気はありません。犬は風邪をひかない動物なのです。

というのが、犬は自分の体内でビタミンを生成する事が出来るということから風邪をひかないとされています。

風邪に似た症状はあり

唯一、風邪に似た症状として考えられるのは、「ケンネルコフ」という病気で、ウィルスや細菌・マイコプラズマなどの感染による犬伝染性気管気管支炎というものである可能性が高いです。

症状は持続性のある咳を主体に、鼻水・発熱・目の充血などがみられます。

対処法として特に注意すべきなのは冬場で、寒くなると体力や免疫力が低下しウィルス感染しやすくなります。

免疫力が十分に備わっていれば2週間程度で自然に治癒しますが、免疫力が不十分でも混合ワクチンを接種していれはある程度は防げます。

ワクチン以外で飼い主さん自身が気を付けてあげられる対処法は、エアコンやクーラーの調節や部屋の空気の入れ替えをこまめに行う・寒い時期の入浴を避ける・雨の日に散歩をしない・首輪ではなく胴輪にするなどがあります。

犬にもアレルギー性の花粉症が!

犬も人間と同じように花粉症にかかります。

普段くしゃみをしない犬がクシャミを連発している場合は花粉症かアレルギー性鼻炎の可能性大。

花粉症の症状と相手はクシャミの他に、体や顔を掻きむしる・体を壁や床にこすり付ける・涙が出る・皮膚の炎症・外耳炎・発疹などがあります。

犬の花粉症はクシャミや鼻水も症状のひとつですが、もっとも顕著に現れるのは皮膚(体)です。

上記のような症状が見られた場合は花粉症アレルギーを疑いましょう。

ですが、実際問題犬の花粉症はなかなか見分けるのが難しく気付かない飼い主さんが多いのが事実です。

犬の皮膚は人間の皮膚に比べると格段にデリケートにできています。

花粉症の疑いがあるワンちゃんには、まずは獣医師による適切な治療。

そして、飼い主さんのケアが何よりも重要になってきます。

散歩時にはなるべく花粉から遠ざけるような措置をとり、花粉症グッズを充実させて愛犬のケアをこまめにおこないましょう。

犬の「逆くしゃみ」って何?

ご自身の愛犬が時々「フガフガ」とか「ガーガー」といった音を立てて、息を吐くのではなく息を飲み込む様な、クシャミにも似た仕草をしていることはないでしょうか?

ハッキリした原因はわかっていませんが、この逆くしゃみに似た症状として「気管虚脱」という病気があります。

これについては前述していますが、この病気は、悪化すると呼吸困難や血液中の酸素濃度が低下するなどの症状へと発展し、さらには舌や唇が紫色に変色する「チアノーゼ」引き起こすこともあるという怖い疾患です。

しかし、ただの逆くしゃみの場合、病気としては認定されておらず「逆くしゃみ症候群」という一時的な症状として認識されています。

逆くしゃみと気管虚脱は嘔吐があるかないかで見分けることができます。

また、逆くしゃみが10分以上続く場合も疑わしいです。

そんな症状が出始めたら、何よりも動物病院での診断が第一!すぐに獣医師さんに診てもらうのが良いでしょう。

ちなみにただの逆くしゃみだと診断された場合は、くしゃみを止める方法として鼻をふさぐと効果があります。

犬のくしゃみにはいろんな意味がある、症状を観察して早期発見!

以上のように犬のくしゃみには様々な要因・病気が隠されています。

軽いものから重篤な病気に至るまで、これらの症状を見逃さずに早期発見するためには、飼い主さんが犬を飼う上でどれだけ犬の病気について理解しているかが重要になってきます。

自分の愛犬が苦しむ姿を見たくないというのであれば、定期的なワクチン接種の重要性を理解し、愛犬の少しの変化も見逃さずに早期発見が出来るように努力することです。

愛犬との楽しい生活をより長く続けたいと願うのは飼い主であれば当然のこと。ワンちゃんの健康維持は飼い主さんの務めです。