犬を飼っていると、その飼い主の手や顔をペロペロと舐める、というのは当たり前の行動で誰もが経験した事があるでしょう。

そのような行為を、ただ飼い主に対する愛情表現だと思っていませんか?

確かに愛情表現である場合もあるでしょうが、多くの場合は体内の塩分が不足していることで、その塩分を補おうとしてする行動です。

人の手や足を舐めること以外でも、

  • 他の犬のオシッコの後
  • 土やコンクリートなどの壁
  • 排尿後の自分の陰部
  • 人間が使った後のティッシュ
  • 自分の肉球

などなど、塩分の不足を補うために舐める場所や物は様々です。

このような行動が見られた場合は、飼い主さんはワンちゃんの食事を、必要な塩分が充分に摂れる栄養バランスの良い食事に変えてあげる必要があるんです。

犬にも塩分補給は必要なの?そもそも塩分ってなに?

人間にとっては必要不可欠な「塩」。

ですが、これまで「犬には塩分は必要ない」「犬に塩分を与えてはいけない」というのが常識のような風潮がありました。

犬のドライフード、食餌の専門家や獣医師などが口を揃えて犬への塩分摂取を控えるように説いています。

一方で、ある程度の塩分は必要であると唱える人もいて、正直どちらが本当なのか判断に迷うところです。

犬に塩分は本当に必要なの?

犬を飼っている飼い主が自分の手や顔を執拗に舐める行為を考えると、それは明らかに塩分摂取を目的としているとしか考えられない行動のように思えます。

動物の心臓はカリウムとナトリウムの働きで動いていることを考慮すると、ある程度の塩分は必要不可欠であるという説がイチバン正しいということに落ち着くのではないでしょうか。

必要以上に取りすぎるのは人間にとっても害を及ぼすのと同じように、害のない程度に犬にも塩分を与えるべきなのです。

その為、ドッグフードには必要最低限の塩分が配合されています。

先述したドッグフードの専門家や獣医師などが唱えているのは、塩分の与えすぎに対する警鐘を促しているということです。

そもそも「塩分」ってなんなの?

塩(食塩)は、化学式で表すと「Nacl=塩化ナトリウム」となります。つまり塩素とナトリウムです。

その内、塩素は胃酸に利用され、ナトリウムは膵液に。そして、それを調節するのは副腎皮質から分泌されるホルモンのひとつであるアルドステロンで絶妙にコントロールされます。

食塩は食べ物を消化する上で必要不可欠なものであると共に、ナトリウムとカリウムの作用によって心臓は自律運動が可能になっているんです。

その他にもナトリウムは神経伝達・体液/pHの調節、そして体格部の筋肉や心筋・心臓の筋肉をも動かしています。

このように、人にとっても犬にとっても塩分は必要不可欠なものという事がお分かりいただける事でしょう。

犬に塩分が不足したら病気に?!その症状とは

犬の塩分が不足した場合の症状は軽度の場合、冒頭でも紹介した「舐める」という行動が見られます。

その他には皮膚を痒がるという行為も見られ、塩分不足は「皮膚病」とまではいきませんが、皮膚になんらかのトラブルが発生する事により、後ろ足でよく体を掻く動作をし始めます。

掻くという動作は一瞬ダニやノミを疑いがちですが、同時にいろんな場所を舐める行為が見られた場合は間違いなく塩分不足を疑うべきでしょう。

また、さらに塩分が不足するとシュウ酸カルシウム結石が出来やすくなり、腎臓の数値が上がり始めます。

それにより水を飲んだだけでは脱水の症状が改善されず、無気力・息切れ・動悸・食欲不振・低血圧・アトピーなど様々な症状に見舞われる弊害もあります。

塩分不足を補うためにドックフードを推奨する人もいますが、安物のドックフードに使われる塩は成分を調整した食用の塩とは違い、安価な工業用の塩化ナトリウムなどが使われているケースがあり、食塩過多になる傾向があるので注意が必要です。

逆に塩分取り過ぎの症状は?

では、逆に塩分を摂りすぎた場合はどのような症状が出るのでしょうか?

自宅でもっとも気付きやすい症状としては「水を大量に飲む」こと。

愛犬の水の飲み方が普通じゃないと思ったら、食事内容を見直す必要があります。

塩分過多の重篤な症状とは

症状が進んでくると腎臓病や高血圧・不整脈などへと発展していきます。

基本的に体内の塩分は腎臓で調節されていて、摂りすぎた塩分はオシッコとして排出されますが、あまりにも塩分量が多過ぎると腎臓への負担が高まり、機能が低下して塩分をうまく排出できなくなります。

結果、体内の塩分濃度を薄くしようとして血流が早くなり高血圧に。さらにナトリウム濃度の高すぎで血管への刺激も高まり不整脈を引き起こします。

取りすぎで塩分中毒?!死の危険性も!

飼い主さんが自身のペットに致死量の塩分を与える事はないと信じますが、誤飲をしたものを吐き出させようとして塩水を与える内に、急激な塩分過多の摂取をさせてしまうというケースもなきにしもあらず、です。

このように一度に大量の塩分を摂取してしまうと「塩分中毒」を引き起こします。

症状としては、脳障害・肺水腫などの呼吸器障害・重篤な腎臓病や心臓病などの内臓疾患などが起き、さらに塩分が致死量にまで達すると、脳浮腫や肺水腫・腎不全・麻痺といった重篤な症状に陥ります。

このような症状は急性で命に関わる為、すぐさま動物病院に直行です!ここまで重篤な症状になると回復したとしても脳に障害が残る場合があります。

犬に必要な塩分は?1日の摂取量とかあるの?

見上げるワンちゃん

では、愛犬に適量の塩分を取らせるための食事はどのような事に気を付けたら良いのか?正しい塩分の与え方や適量などについて見ていきましょう。

犬が1日に必要な塩分の摂取量は?

犬の大きさ(体重)によって必要摂取量は違ってきますが、体重1kgに対して約20mgのナトリウムが必要とされています。

数値に関しては諸説あり、「絶対に×g!」という確実な量を設定することは難しいのですが、いろんなサイトで言われている量を平均するとこのくらいということで。

もちろんナトリウムと塩分は違いますので、自分の愛犬に必要なナトリウムの量を計算したら、次は塩分量(食塩)に換算する必要があります。

目安としては、体重が10kgの犬の場合だと1日に必要な食塩はおよそ0.5g程度。小型犬で体重が5kgにも満たないコの場合はさらにその半分という事になります。

出来るだけ精製されていないミネラルたっぷりの塩がオススメです!

犬に塩分を摂取させる方法は?

1日に必要な塩分量がわかったら次はそれをどうやって与えるか?を考えましょう。

市販のドックフードに塩分が含まれている場合も頭に入れた上で与えることが重要です。

完全手作り食を実施されているのであれば、必要な塩分量は与える食材に含まれる塩分(ナトリウム)も考慮して加える塩を調節する必要がありますね。

塩分量を緻密に計算するのが大変!という方は、最初からまったく塩分の含まれていない食材だけを組み合わせて、後から必要量の塩をトッピングするという方が簡単です。

多少与えすぎた場合でも尿として排出されますので、そこまで神経質になることはありません。

与えすぎることも考えて食卓塩よりもミネラルも吸収できる自然塩の方が、よりワンちゃんの体には良いのです。

塩分が多いおやつもやる時には注意して!

普段の食事以外でもおやつをあげている飼い主さんは多いと思います。

しかし、そのおやつのビーフジャーキーなどにもかなりの塩分が含まれています。

その為、おやつの与えすぎは塩分過多の恐れが十分にありますので注意が必要です。

ワンちゃんはジャーキーやビスケットなどのおやつが大好きなので、ついつい催促されるがままに与えてしまい、一度に1袋あげてしまうなんて事も多々あるでしょう。

急激な塩分摂取はかなり危険ですので気を付けてくださいね!

塩分の調節ができ理想的な食生活が送れれば病気知らずの犬に!

ミネラルたっぷりの塩と栄養豊富な食事はアミノ酸として吸収され酵素やビタミンミネラルの力でエネルギーとなり、体を修復するたんぱく質に変換されます。

そのシステムが繰り返されうまく働くことにより代謝機能や免疫力が向上し、いつまでも艶やかな被毛を保ち元気な体を持つ事が出来るワンちゃんに育ちます。

本当に良質なペットフードを選ぶ時は原材料の段階から厳しくチェックし、農薬や抗生物質・成長剤などを使用していないものやミネラルを排除したバランスの偏ったフードには手を出さないようにしましょう。

まとめ

塩分は犬の体には必要不可欠のものですが、普通に動物が食べる食物には必要量の塩が自然に含まれているものです。

もし過剰に摂取したとしても、その体を守るものは毎日の食餌で摂れる栄養素以外の何者でもありません。

愛犬が元気で健康な毎日を送って、長生きできるのは飼い主さんの与える食事次第。適切で、塩分バランスの整った食生活を心がけてあげましょう!