あなたの愛犬はごはんをどんな風に食べていますか?あげたらあっという間に食べ終わってしまう様な早食いをしていませんか?

早食いをする犬は十分な量をあげてももっと食べたい!と催促してくることが多いんです。なにせ早食いは満腹感が出にくいからですね。

これでは太る原因になってしまうし、喉に詰まったり、体の健康の為にも良くありません!

もしも愛犬が早食いをしているのであれば、その原因と対策法を知っておきましょう。

犬が早食いをしてしまう理由とは?

きちんとご飯をあげているんだからそんなに焦って食べなくても・・・と思っていても、何故か早食いをしてしまうワンちゃん。

何故早食いをしてしまうのかと言うと、それは犬の本能に関係があります。

祖先が野生動物の狼であるという説

ペットとして飼われている犬が増えていますが、元々は狼の仲間であり野生の動物です。野犬を見た事のある人も多いと思いますが、飼われている犬とはだいぶ様子が違いますよね。

愛犬は飼い主からきちんとごはんを与えられているものの、やはり先祖は自ら餌を見つけて生きてきた肉食の動物ですから、食べるものが目の前にある時は他の犬や動物に取られてしまう前に食べるという本能が働くのです。

時には大量な餌を目の前にすることもあるので、早く食べる性質も持っています。

一緒に飼われている犬がいる場合は早食いになりがち

餌を見つけて自分で生きるという本能を持つ犬ですから、家で飼われてきちんと餌を与えられていても、一緒に飼われている犬が他にもいる場合には、取られてはいけないという本能が働きます。

そんな事はなくそれぞれ十分あげているし、取り合う様なシーンはないと思っていても、本能的に急いで食べないと!と思う犬は少なくないのです。

犬の早食いは体の構造に原因がある?

人間は早食いをすると体に良くないと言われているので、気をつけている人もいると思います。そんな教えが念頭にあるから、愛犬が早食いをしていると体に良くないのでは?ととても気になりますよね。

しかし、愛犬の早食いは体の構造に関係があるのです。

犬は味覚があまり良くない

犬といえば、鋭い嗅覚を持つ動物ですが、実は味覚はあまり良くないのです。人間は味覚で食べる物を美味しいかどうかと判断しますが、犬は人間の味覚とははるかに差があります。

人間は食事をすると甘い、酸っぱい、しょっぱい、苦い、うまいと5つの味覚があり、割と細かく味を感じ取ることが出来ますが、犬はこういった味覚を感じていません。

味を感じるには味蕾細胞が機能しなくてはなりませんが、犬にはこの細胞が少なく、味で食べ物を判断するのではなく、鋭い嗅覚を生かして自分の好みの食べ物を判断しています。

美味しそうな匂いのする食べ物であれば、味は関係ないからパクパク食べてしまうということです。

ちなみに今はキャラ弁みたいに盛り付けに工夫する人もいるのですが、嗅覚が優先されているので実は見た目もあまり関係ありません。

野生の動物としての体の機能

犬はどの様に食べ物を食べるのか?ドッグフードを食べている愛犬を見ていると忘れてしまいそうになりますが、獲物を捕まえたら、それを歯で引きちぎり、そして丸呑みをする、これが犬の食事の方法です。

歯は食べ物を噛み砕くために使うのではなく、飲み込めるサイズに引きちぎるだけに用います。

人間はご飯をよく噛む事で、唾液に含まれる酵素によって味を美味しくするのですが、犬の唾液にはこの酵素が少なく、役目としては、喉に詰まらせない働きとなります。

食べ物を前にするとヨダレが出ますが、これは呑み込むための準備をしているのですね。犬はこの様に丸呑みに適応できる元々の機能を持っているのです。

早食いをする上でのデメリットは?

犬は野生の動物である本能や体の機能によって早食いをしてしまう事が分かりましたが、それでもあまりの早食いは体に良くないこともあります。

早食いをするデメリットについていくつかピックアップしておきましょう。

食べ過ぎの原因となる(太りやすくなる)

人間もそうですが、早食いするとお腹がいっぱいだなって思うまでに、だいぶ食べてしまったりしますが、それは犬も同じです。

早く食べれば、まだ満腹じゃないと次を欲しがり、すでに十分な量をあげていれば、当然追加分は食べ過ぎとなってしまいます。

しかも、犬の場合は食べ貯めておくという習性もあるので、美味しいと判断したものが目の前にあれば、いくらでも食べる事が出来てしまう為、きちんと管理しないと相当量食べさせてしまう事も。

喉に詰まる原因となる

犬の体の構造から考えると丸飲みをしても大丈夫なのですが、それでも喉に詰まらせるリスクがない訳ではありません。

特に老犬に関しては、自分で詰まったものを吐き出せない可能性もありますので、特に注意が必要です。

早食いは、知らずに食べ物を多く口に含んでしまうため、口に一気に含ませない様に工夫しましょう。

消化不良になる原因となる

ドライタイプのドッグフードを利用している人も多いと思いますが、体内に入るとウェットタイプのものより水分を吸収するので早食いをすると消化不良になる場合があります。

早食いが気になる場合には水やお湯でふやかして与える様にしましょう。

胃捻転の原因となる

胃捻転とは胃が膨れる事によって腸と絡まり、呼吸が出来なくなったり、血液の流れが妨げられる病気です。

早食いだけが理由ではないのですが、一気に多くの量を食べるとなりやすいので気をつけなくてはなりません。

犬の早食い予防で出来る事は?

寝っ転がるワンちゃん

どんなに可愛がっている愛犬であっても、早食いをしてはいけないことを伝えるのはとても難しいことです。

それでもデメリットのことも考えて、できるだけゆっくり食べる様に施したいですよね。

どんな工夫をすれば予防になるのでしょうか?

ドッグフードに水分を含ませる

お水やお湯でふやかすことで固形フードではなくなるので若干食べづらくなります。

また、カサが増えた感じがあるので食べた感を感じることができ、満腹感を得られますので食べ過ぎの防止にもなります。

ドッグフードを食べ難くする

早食いを止めるためには普段使用しているペット食器を変える方法もあります。

ペットフードを取り扱っているペット用品店に行くと、大抵の場合、早食いを防止する為の工夫がされているフード皿やフードボウルが多く取り扱われているのを見た事があるでしょう。

それらを使用したり、もしくは普段の食器におもちゃなどを入れて気を散らせることで食べるスピードを遅くする事が出来ます。

落ち着いて食べられる様にする

他の犬や動物に取られるのではないか?という思いが早食いをさせる原因ともなりますので、特に多頭飼いをしている場合は、食事を一緒くたにせずに、それぞれ十分に距離を置いてあげると良いでしょう。

早食い防止のペット食器にはどんな商品がある?

早食いに悩んでいる飼い主は実は多い様です。よってペットショップに行けば、早食い防止のペット食器が割とあるんですね。

どんな種類の商品があるのか簡単に紹介しましょう。

NORTHMATE グリーンフィーダー 価格1790円

グリーンフィーダー

出典:グリーンフィーダー | 株式会社グッドスマイルインターナショナル

芝生の様な長さや向きが異なる突起が付いている食器です。

まるで芝生の中に餌をばらまいて、それを探して食べるという様な感覚で愛犬を飽きさせないのもポイントです。

犬は鼻先から口にかけてまでの距離が犬種によって異なりますが、このグリーンフィーダーは距離が短い犬でも、手を使ったり工夫して上手に食べることができる食器と口コミでも評価がかなり高いです。

ドライタイプでもウェットタイプでもOKです。

Gempet immilive ゆっくり食べるペット食器 価格1690円

Gempet immilive ペット食器

出典:Amazon

形状が二層になっていて、内側のボールについている中央の骨型の飾りがクルクル回る様になっています。回ることで、愛犬も回りながら食べるので、食べるスピードは自然と遅くなり、運動効果もあるのがポイントです。

犬が動きながら食べるとなると、食器がひっくり返ったり、こぼしたりが気になるかもしれませんが、滑り止め付きでしっかり固定されているので安定感があります。

ドギーマン ゆっくりデコボコ食器 価格810円

ドギーマン ゆっくりデコボコ食器

出典:ゆっくりデコボコ食器S – ドギーマン公式サイト

モニター調査にて、食べるスピードが4.6~6倍遅くなったと結果が出ている信頼あるペット食器です。通販ショップなどのレビューでもその確かな効果を知ることができます。

Sサイズ、Mサイズとありますが、デコボコ食器Sだと突起の量に比べると餌が多いのであまり意味がなくなってしまうため、小型犬であっても、突起の量の多いデコボコ食器Mがオススメです。

早食い防止のための食器の選び方は?

愛犬の早食いに悩む人が多いこともあって、早食い防止のための食器は種類がたくさんあります。

どれを見てもそれなりに工夫がされているので、愛犬にはどれが向いているかってちょっと迷ってしまいますよね。

そこで、早食い防止の食器を選ぶ基準を少し紹介してみましょう。

食器の食事時間をチェック

早食いを防止するための食器なので、大抵の場合食事時間が目安として書かれています。

その食器を利用することで通常の食器と比較してどれくらい遅くなるかなどをわかりやすく表記されているものもあるので、よくチェックしてみましょう。

個体差もありますので、あくまでも参考ですが、実際に使った人のレビューなどもチェックしてみると良いでしょう。

マズルの長さと突起のサイズをチェック

早食い防止の食器は突起が付いているものが多いのですが、マズルが短い犬種の場合、突起が長いと怪我の心配もあるし、大型犬用だと隙間が多くてあまり意味がなくなってしまう場合もあります。

特にマズルが短い犬種の場合は、突起サイズが長過ぎない様に注意しましょう。

2~3種類の食器を準備する

始めは早食い防止の食器の効果を得ることができても、犬はとても賢いので、あっという間にその食器でいかに早く食べるかを学んでしまいます。

2~3種類の効果の異なる食器をチョイスして、交換して使うと良いでしょう。

最後に

愛犬が美味しそうにごはんを食べてくれると嬉しいものですが、やはりずっと元気でいてくれる為にも、早食いをしない様に気をつけてあげることが大切です。

早食い防止は飼い主とのコミュニケーションでもある

ごはんは食欲を満たすための時間で、愛犬にとっては食べることが第一目的です。

飼い主が体のことを思って、早食い防止の食器を選ぶ事は愛犬にとっては目的が理解出来ないでしょう。しかし、その為の工夫やアイテムを取り入れる事は愛犬にとってその変化を感じる事は出来るはずです。

飼い主とのコミュニケーションとして、大切な食事の時間が嬉しい時間にもなります。

ハンドフィードをしてあげる

早食い防止の為の食器はたくさんあるので、愛犬にあったものを選ぶことができれば、自然とペットトレーニングが出来るようになります。

楽に食べるスピードを遅くする事が出来てきて、時間に余裕がある時は手から直接餌をあげるハンドフィードをしてあげる事もオススメです。

ハンドフィードは食べるスピードをコントロール出来るので、飼い主と愛犬の主従関係を見直す点でもメリットがあると言えるでしょう。