ピンと立っている耳や、ダランと垂れている耳、怒られると思わず伏せてしまう耳など犬の耳は表情豊かで可愛いものです。

そんな可愛い犬は自分で耳のケアをすることができませんから、飼い主がケアしてあげる必要があります。

ここでは、犬の耳掃除について紹介していきましょう。

そもそも犬の耳掃除は必要なものなのか?

現在ではペットというよりも、すっかり家族の一員のようなポジションに収まっている犬ですが、狼の血族であるというのも事実です。

逞しい野生の狼のイメージと耳掃除を人間にしてもらっている愛犬のイメージは、非常に重なり辛いので、違和感を感じてしまいますね。

愛犬の耳掃除がテーマなのですが、犬の耳が健康的な状態である場合においては基本的に耳掃除は必要ないといえるでしょう。

耳掃除が必要となるのはどのような場合なのか?

犬の耳は犬がブルブルッと激しく頭を振った時などに、耳垢などの汚れは外部に排出されるような構造になっています。

しかし、垂れ耳や長毛種など、犬種によっては耳の中の湿度が高く、細菌繁殖の温床となる場合もありますし、免疫力が強くない子犬の時期や感染を起こした経験がある犬は定期的に耳の手入れを行う必要があります。

また、日本の夏場は湿度が高くなるために、カビの繁殖の問題が発生し、高温になるので、愛犬の新陳代謝も活発となり耳の中が汚れやすくなるのでケアが必要となります。

立ち耳の犬種の場合は、耳の中に外部の汚れが入りやすいのも事実ですので、愛犬の耳の状態によっては耳掃除が必要となると考えらるでしょう。

耳掃除は専門家に依頼するべきなのか?

愛犬の耳掃除はペットショップのシャンプーサービスを受ければ、専門家であるトリマーさんが行ってくれます。

動物病院に通院して獣医師の定期健診を受診する際に耳掃除をしてもらうもの間違いない方法ですが、毎回ペットショップや病院に通うとなるとコスト的な負担が増加してしまうのも事実です。

飼い犬の健康管理は飼い主の責任ですから、ケア方法や注意点など耳掃除のやり方やポイントをトリマーさんや獣医さんからアドバイスしてもらい、飼い主自身が耳掃除をすることで愛犬とのスキンシップを兼ねたホームケアを行うようにしましょう。

大切な愛犬だからこそ、飼い主自身の手で愛犬の健康トラブルを早期発見をしてあげてください。

よくある犬の耳のトラブルとは?

犬種によって耳の中で細菌が繁殖しやすいタイプがある事や、子犬や感染経験がある犬の場合は定期的な耳掃除が必要なことは既に紹介しました。

耳掃除で耳の状態をチェックしなかった場合、耳のトラブルを見逃してしまう可能性が上がりますので注意してください。

耳掃除で早期発見できなかった場合、起こり得る愛犬の耳のトラブルとは?

耳掃除が必要な犬種の場合、しっかりチェックしてあげられないとカビや細菌の繁殖が原因で「外耳炎」を引き起こす可能性が上がります。

外耳炎は犬の持病といっても良いほどホピュラーな病気ですから、深刻に捉える必要はありませんが、外耳炎がさらに進行した場合には中耳や内耳での炎症の原因に繋がりますので、早期発見、早期治療がポイントとなります。

外耳炎や内耳炎以外にもある愛犬の耳のトラブルは?

耳の違和感から犬が耳を掻いたり物に擦り付けることで、出血し耳血腫を引き起こす事があります。

犬は違和感を感じたり痒みを感じた場合、際限なく患部を刺激し続けるので早めに処置する事が必要だと言えるでしょう。

早い時期ならば抗生物質の塗り薬とエリザベスカラーを取り付けるだけで治療が行えます。

医療技術の向上と共に動物用医薬品も良いものが沢山発売されているので、愛犬に負担をかけることなく患部の違和感や痒みから開放してあげられます。

犬は人間と違って自分で症状を説明する事が出来ませんから、日頃からパートナーである飼い主自身が、愛犬の状態から健康状態の変化に対する情報を拾い上げてあげることが重要です。

耳掃除はどのくらいの頻度で行うべきなのか?

耳の中を触られる事に慣らすために習慣付けることが必要ですので、スキンシップの際に耳の中の状態を観察する事は毎日でも行いましょう。

愛犬が耳の中を触られることに抵抗を感じなくなると共に、飼い主自身も愛犬の耳の中を触ることに慣れる練習になります。

しかし、耳掃除は刺激が強いので頻繁に行うと、逆に細菌感染を引き起こし炎症の原因となる恐れがあるので注意が必要です。

理想的な耳掃除の頻度とは?

一般的に耳掃除は2週間に1度から月に1度程度の頻度で行えば問題ないと言えるでしょう。

暑い日が続く時期や、元気に外遊びをした後は耳の汚れ具合を確認して頻度を上げても良いでしょう。

既に紹介したように動物病院やペットショップでも耳掃除をしてくれますが、愛犬が緊張したりストレスを感じる場合もあるので、是非飼い主自身が耳掃除をしながら健康状態に注意したいものです。

自宅で耳掃除を行う場合のコツとは?

そっぽを向く犬

基本的に動物は耳の内部を触られることを嫌います。

犬も耳の中を触られるのは苦手なので嫌がるのですが、子犬の頃から習慣付けることで我慢が出来るようになりますので、躾の1つとして耳掃除を我慢する習慣を付けるのもコツだといえるでしょう。

自宅で行う具体的な耳のお手入れ方法とは?

愛犬とのスキンシップと健康管理を兼ねた耳掃除はなれると難しいものではありません。

初心者のうちは戸惑うかもしれませんが、次にあげる手順でチャレンジしてみてください。

  1. 犬が暴れないように抱きかかえて、耳の中にイヤークリーナーの液を落とします。
  2. 耳の根元の軟骨の部分を指で挟んで優しくマッサージします。
  3. 上手くマッサージできている場合、犬の耳の中からチュッという音が聞こえます。
  4. 汚れが取れれば完了ですので、犬に頭を振らせてイヤークリーナーを排出させます。
  5. 耳の中に残ったイヤークリーナを綿棒か脱脂綿でしっかりとふき取ります。(人が使う綿棒ではなく、柄の長いペット用の綿棒をおすすめします。)

自宅で耳掃除を行う際の注意点とは?

犬が頭を振ってイヤークリーナーを排出する際には、汚れを含んだ液体が飛び散りますので、汚れても大丈夫な場所で行いましょう。

イヤークリーナーをふき取る際に、余り奥まで綿棒を入れてしまうと鼓膜を傷つけることが有りますので注意して下さい。

イヤークリーナーの水分が残ってしまうと細菌繁殖の原因となりますので、洗浄液の成分を確認してアルコールなどの揮発性の高いものを選んで耳の洗浄を行いましょう。

耳掃除の後にイヤーパウダーを使用するのも、水気を飛ばすのに有効です。

耳掃除で見つかる!注意すべき症状とは?

繰り返しますが、愛犬の耳掃除を行う際には愛犬の健康チェックも同時に行います。

犬は話すことができませんから、体調の変化を教えてくれません。

飼い主が注視してあげることで些細な変化も見逃さないことが、愛犬の健康管理の基本だといえます。

耳掃除で判る愛犬の健康状態の変化とは?

耳掃除の際に次に挙げる点を特に注意して愛犬の耳を観察してみてください。

もしも該当するものがあった場合は、かかりつけの獣医さんに相談してみましょう。

  • 耳からにおいがしていないか
  • 耳が赤く変色していないか
  • 耳がただれていないか
  • 耳の内部に分泌液が出ていないか
  • 耳垢の量が多すぎないか
  • 耳垢の色が黒くなっていないか
  • 耳垢にベトつきがないか
  • 愛犬が耳を掻いたり床にこすり付けたりしていないか
  • 愛犬の耳を触ろうとするのを嫌がらないか
  • 愛犬が激しく頭を振るしぐさをしていないか

耳掃除の際にもしこのような症状が見られた場合は、外耳炎や内耳炎などのトラブルや、カビの発生やダニなどの寄生虫が付いている可能性があります。

いずれにしろ早期発見早期治療がポイントとなりますので、かかりつけの獣医さんに相談しましょう。

まとめ

耳のトラブルは匂いや耳の色、耳垢の量や質の変化など、必ず何かしらの形で情報を得る事が出来ます。

日頃から愛犬を注視する習慣をもち、愛犬にも耳の内部に触れることを嫌がらないような躾を行うことでいち早く健康状態の変化に気付けるのです。

日常的に行うスキンシップの中に「耳を触ること」と「耳の内部を触ること」を積極的に取り入れて、愛犬の持つ耳への接触に対する抵抗感を払拭しましょう。

最初は可哀想に感じるかも知れませんが、習慣を付けることが愛犬の健康を守ることに繋がりますので、心を鬼にして躾を行ってください。

そうすることで飼い主の耳掃除に対する苦手意識も解消されていきます。

愛犬との二人三脚で、愛犬との幸せな時間が長続きするように努力してあげてくださいね。