犬にとってネギ類やカカオ類などの食べ物にとても危険性があることはよく知られていますが、アルコールが犬達にとって危険なことはあまり認識されていないのではないでしょうか。

家で晩酌をしている時に、飼い主がおいしそうにお酒を飲んでいるのを見て欲しがるワンちゃんもいますが、犬にお酒は少量でもあげてはいけません。

最悪の場合は命にかかわり、「少量をなめさせるぐらいなら大丈夫だろう」という軽はずみな行為によって取り返しのつかないことになる可能性もあります。

この記事では何故犬にアルコール類をあげてはいけないのか?そして、万が一犬がお酒を誤飲してしまった場合どう対処すれば良いのかをお話しします。

犬がお酒を飲んでしまったらどうなる?

犬と人間の体の仕組みは異なりますので、まずはそこからご説明しましょう。

人がお酒を飲むと、アルコールが胃や腸で吸収され、そのあと肝臓で脱水素酵素によってアルコールが分解されて無害化されます。

しかし、犬は体内にアルコールを分解する酵素を持っていないため、アルコールを無害化することができません。

犬がアルコールを摂取してしまうと嘔吐や下痢、震えなどの中毒症状が出ることがありますし、嘔吐物がのどに詰まって呼吸機能が低下したり、意識や心肺機能が低下して昏睡状態になることもあります。

最悪の場合は意識を失ったまま体温が下がり、命を落としてしまうこともあります。もし命が助かった場合もすぐには回復せず、寿命が縮まる可能性もあります。

犬にとってアルコール致死量はどのくらい?

犬は体が小さいので、アルコールによる犬への影響は人が想像する以上に大きいものです。

一般的に、犬にとってのアルコール致死量は1kgあたり5.6mlというデータがあります。となると、チワワやトイプードルなどの小型犬ですと成犬でも3kg前後なので、致死量は16.8mlということになります。

例えば、アルコール度数40パーセントのお酒であれば50mlの中に20mlアルコールが含まれますから、小型のチワワならばおちょこ一杯(18ml)程度で致死量となる計算です。

アルコール度数の低いビールなどでも、たったの110mlで死んでしまう可能性があります。

この量はあくまで致死量で、人間にもアルコールに強い人と弱い人がいるのと同様に、犬によっては致死量より少なくても急性アルコール中毒のような重篤な状態になってしまう場合だってあるんです。

SNSなどで「わんこが酔っぱらった様子がかわいい」などという動画がアップされることがありますが、飼い主の自分勝手な理由でペットにお酒を与えるのは絶対にやめましょう。

犬がお酒を飲んでしまった場合の対処法は?

人間が意図的にお酒を与えなくても、目を離したすきに犬がお酒をなめてしまうこともあります。

万が一犬がお酒を飲んでしまった場合は、中毒などの症状が出ていなくてもすぐに動物病院連絡して状況を説明し、専門家や獣医師の指示に従いましょう。

焦って自分の判断でアルコールを吐かせようとして水や塩を与えると、危険な状態に陥ってしまう事もあります。

塩を与えると確かに嘔吐でアルコール吐き出させることもできますが、もし吐かなかった場合は塩が原因で死亡する可能性もあるからです。

チワワやトイプードルにとってはたったのスプーン一杯程度の塩で死亡する事もあるので、自分の判断で塩や塩水を犬に与える事はおすすめしません。

普段から夜間や休日に対応している獣医の情報を集めておく、動物保険にきちんと加入しておくなど、万が一の場合にすぐ対処できるように備えておくことも大切です。

普段から犬をお酒に近寄らせないように注意する事が大切

犬がお酒を自分から飲むことはないだろうと思っていても、飼い主の留守中にコップに残っていたお酒を舐めてしまい、飼い主が返ってくると犬が酔っぱらっていたというケースもあります。

対処方法としては、

  • 犬の近くでお酒を飲まない
  • 家が狭いなど仕方がない場合は、お酒以外に興味を持たせるように夢中になる食べ物を与えておく
  • 家を空ける際はお酒の飲み残しを置いておかない

などの方法が考えられます。

大切な愛犬がアルコールで苦しむことにならないよう、家族全員で注意していきましょう。

犬はアルコールの匂いに敏感

犬は嗅覚が鋭く、一度お酒の味を覚えると、次に飼い主がビールの缶を開けただけでお酒の匂いに惹かれて寄ってくるようになります。

その場合、ワンちゃんがかわいくて少しあげたくなってしまいますが、心を鬼にして絶対にあげないでください!お酒ではなく、ビーフジャーキーなど代わりの物を少しあげると満足して離れてくれる場合もあります。

しかし、お酒の匂いが好きなワンちゃんもいれば、お酒の匂いを嗅ぐのを嫌がるワンちゃんもいます。

犬によってはアルコールの匂いが刺激になってくしゃみが出ることもあり、酒気を帯びた飼い主が近寄っただけでも強いストレスになる事もあるので、「そもそもお酒を近づけない」という事を徹底するのが大切です。

アルコールはダメだけどビール酵母は安心?

犬にアルコールは絶対に与えてはいけませんが、ビール酵母はむしろ栄養を補う効果があり、ドッグフードにもビール酵母が含まれている事はあります。

ビール酵母はビールを作る時に加えた酵母を乾燥させたもので、アミノ酸や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどで構成されていて、アルコール分や苦みはないので犬でも安心して食べられます。

犬にとっては皮膚や毛並みの改善や便秘の解消、ストレス軽減の効果があるので、気になる方はドッグフードや犬用サプリを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、ビール酵母にアレルギーを持つワンちゃんも稀にいるので注意が必要です。

アレルギーと言っても、ビール酵母の場合はよほど大量に食べさせない限りは軽度のものだと言われているので、まずはビール酵母入りのドッグフードなどを少量与えて様子を見ましょう。

犬専用のお酒があるって本当?

どうしてもわんこと一緒に晩酌したい、パーティーで一緒に犬も一緒に乾杯させてあげたいという人におすすめなのが、犬専用のお酒です。

ペット用に開発されたビールやワイン風の飲み物で、通販サイトやペットショップで購入できます。

種類も豊富で、ワインは赤、白、スパークリングの3種類、日本酒に似せた「ペットと乾杯ワンワンかっぷ」はなんと純金箔入りです。
参考:ペットと乾杯 株式会社B&H Lifes

他に犬用のお茶やコーヒー風の飲み物もあり、価格は1本400~500円程度と手ごろで、ペットを飼っている人へのプレゼントとしても人気があります。

アルコールはもちろん入っておらず、ビタミンCや酵母エキス、オリゴ糖などの栄養が含まれているので安心。人間が飲んでも害はありませんので、外出先で水分補給にも使えて便利です。

犬に甘酒なら与えても大丈夫?

甘酒ならアルコールが入っていないから犬が舐めても大丈夫と考える人もいるのではないでしょうか。

確かに、アルコールの入っていない甘酒なら犬が飲んでも大丈夫ですが、実は甘酒にはいくつか種類があり、アルコールの入ったものとそうでないものがあります。

米麹が原料の甘酒の場合はアルコールが入っておらず、犬が飲んでも問題ありませんが、米麹ベースの甘酒の麹は犬にとっても栄養になりますが、注意点としては糖質が含まれているので、血糖値が上昇する可能性もあります。

犬も糖尿病になる事があるので、あげるなら少量に留めましょう。

なお、甘酒の原材料が米麹ではなく、酒粕が原料の場合はアルコール分が含まれているので犬には与える事は出来ません。

甘酒は必ず原材料を確認し、大量に飲ませないように気をつけましょう。

アルコール以外に犬にとって危険な食べ物は?

アルコールが犬にとって危険であることをここまで説明してきましたが、他にも犬にとって危険な食べ物はいくつかあります。

例えば、有名なのがチョコレートやネギ類。

特にチョコレートやココアは甘くておいしそうな匂いがするので犬が興味を示す場合がありますが、食べてしまうと量によっては中毒を起こす可能性があります。

参考記事

また、意外と危険性が知られていないのがカフェインの入った食べ物。コーヒーやお茶などを犬が摂取すると、呼吸困難になる可能性があります。

お酒と同じように、犬用に開発されたコーヒーや紅茶が売られているので、犬専用グッズをうまく利用しましょう。

犬を飼っている人はお酒の管理をしっかりと

こちらを見るワンちゃんと逆向きのワンちゃん

犬にアルコールを与えると危険な理由や誤飲してしまった場合の対処法を紹介しましたがいかがでしたか。

犬にアルコールは少量でも毒になりますし、これは猫の場合も同様です。

何か動物を飼っている人は、アルコール類の飲み残しや空き瓶にペットが触れないようにするなど、お酒の管理を徹底しましょう。

また、ワンちゃんと一緒に晩酌や乾杯をしたい人は犬専用に作られたワインもうまく利用して、大切なペットと楽しい時間を共有していきましょう。