愛犬が可愛いからといって、食欲のままにドッグフードを与えてはいませんか?愛犬にいつまでも元気で健康に過ごして貰うためには、よく考えてご飯を与えなくてはいけません。

そこで、犬の健康を維持する為に適切な正しいドッグフードの量を勉強していきましょう。

犬用のペットフードの量が正しくないとどんな危険がある?

たかが餌の量で健康状態に問題が生じる事があるの?と軽く考えてはいけません。もし、ドッグフードの量が多すぎたり、少なすぎたりした場合はどんな事が起きるのでしょうか。

量が多すぎるとカロリーオーバーになってしまい、体重が増加して肥満になってしまう可能性が高くなってしまいます。

また、量が少なすぎると必要カロリーが摂取出来ずに、栄養失調になってしまうでしょう。

両方とも犬の健康に悪影響を及ぼし、最悪の場合は命に関わる危険性もあります。

愛犬の健康を守れるのは飼い主だけ、だからこそ正しい食事の量を守る事は犬を飼う上での使命とも言えるのです。

正しいドッグフードの量(カロリー)の計算式

一言で正しいドッグフードの量といっても、大型犬や小型犬など犬種や年齢、運動量や健康状態など様々なポイントにより適切な餌の量は異なるものです。

また、選択するドッグフードの種類によってカロリーは違うのでグラム数ではなくカロリーで1日に必要な食事の量を判断をする様にしましょう。

そこで、一般なドッグフード量の計算式について紹介します。

ドッグフードの量は、1日あたりに必要なエネルギー要求量(DER)を目安に与える事になるので、まずはこのDERを導き出しましょう。

「DER = 安静時の必要エネルギー量(RER) × 活動係数」
という計算式を使っていきます。

RERとは、何もしなくても生命活動を維持する為に必要なエネルギー量、つまりカロリーの事です。そして活動係数というのは、その犬の現在の状態をあらわす数値です。

例えば成長期の子犬とシニア期の犬では、同じ犬種であっても必要となるカロリーは違ってきますよね。

活動係数は、こうした犬の状態に合わせたカロリー量を導き出す為に必要となるのです。

まずは、安静時の必要エネルギー量(RER)から計算していきましょう。

RER=犬の体重(kg)の0.75乗×70となり、電卓を使って計算をすると体重×体重×体重、√を2回押し×70で導き出す事が出来ます。

そして、上記の答えRERに以下の活動係数を掛けてください。

  • 「生後4ヶ月までの幼犬3.0」
  • 「生後4ヶ月~1年までの幼犬2.0」
  • 「1歳以上の成犬1.8」
  • 「避妊去勢済みの1歳以上の成犬1.6」
  • 「老犬1.4」
  • 「肥満傾向にある犬1.4」
  • 「減量中の犬1.0」
  • 「療養中の犬0.8~1.0」
  • 「妊娠中の母犬2.0~3.0」
  • 「授乳期の母犬4.0」

「RER × 上記の活動係数 = DER」
これで愛犬にあった1日の必要カロリー量の目安となるDERを知る事が出来ます。

実際に与えるドッグフードの量(グラム数)は、DER÷100グラムあたりのカロリー×100で求める事が出来ます。

ドッグフードのパッケージの裏面に100グラムあたりのカロリー量が記載されているはずなので、上記の計算式でドッグフードの量を導き出してみてください。

また、この計算で分かるカロリー量はドッグフードだけではなくおやつなども含めた1日分のカロリーです。

成犬期の犬は、おやつを欲しがる事が多いですが、ドッグフードとのカロリーバランスを考えて与えなくてはいけません。

計算はひとつの目安として参考に

水辺のワンちゃん

ただし、計算により求めたドッグフードの量は悪魔でも目安である事を忘れないようにしましょう。

ドッグフードの量が適切かどうかを判断するには、計算だけではなく実際に愛犬の状態を観察することが大切です。

そこで観察のポイントを紹介します。

便の状態

愛犬の毎日のウンチの状態をチェックする事でも、ドッグフードが適量かどうか判断出来ます。

犬のうんちの回数には個人差がありますが、成犬なら1日2回程度が平均的だと言えるでしょう。

また、色は焦げ茶~茶色が普通です。

量は多すぎず少な過ぎず、硬さは便の処理をする時に触れてもカタチが崩れない程度が理想的となります。

同じ種類のドッグフードを与えているなら、色も回数も量も通常ウンチは毎日同じであれば問題はありません。

便の量は関係あり?

ウンチが大量に出ると健康的なイメージがありますが、それは間違った考え方です。

この場合、与えているドッグフードの量が多すぎている可能性があります。

ウンチの量が多いということは、消化吸収が上手くいっていない可能性があるのです。

ドライフードは、手作りのご飯やウエットタイプのフードよりも便の量が増える傾向にありますが、それでもウンチが大過ぎる場合は消化がきちんと行われていないと考えられます。

少しだけ与えるドッグフードの量を減らして様子を見てみましょう。

逆に極端にウンチの量が少ない場合は、ドッグフードが足りていない可能性もあります。

また、便秘の場合はドッグフードだけではなく水分も不足しているのかもしれません。

水分とドッグフードの量を少し多くして、便の状態を観察しましょう。

体に触れて確かめる

愛犬の体重を計って、ドッグフードの量が適切かどうかを判断しようとする人もいるかもしれません。

しかし、体重だけでは判断は難しいものです。

同じ体重であっても、骨格がしっかりしている犬や筋肉が発達している場合、体重は重くなります。

何故なら筋肉は脂肪よりも重いからです。

ですから、愛犬の体に直接触れて確かめる事はとても大切となります。

見た目だけでもある程度判断可能

まず、見ただけで助骨の存在が分かる様な犬は痩せ過ぎです。病気でない場合は、ドッグフードの量が少な過ぎるので増やすようにしましょう。

外からは分からないが、触った時には助骨に触れる事が可能な場合は理想的な体型だと言えます。ドッグフードの量は丁度良いと考えて良いでしょう。

また、体重が多めでもウエストが分かり、触った時にガッチリしている犬は骨格や筋肉がしっかりとしている為、食事の量が多いわけではありません。

今まで通りの量を与えることがベストでしょう。

体をしっかりと触って、何とか助骨が分かる状態でウエストも分かりにくい場合は、やや肥満傾向にあると言えます。

活動係数を1.4として計算をしたドッグフードの量を与えると良いでしょう。

体に触っても助骨に触れる事が出来ず、ウエストがなくお腹が出ている場合は太りすぎです。

ダイエットをする必要があるため、場合によってはダイエット用のドッグフードを与えた方が良いかもしれません。獣医師に相談をするのもオススメです。

カロリーを減らす必要はありますが、栄養価が偏ったり減らないように注意しなければいけません。

ドッグフードの選び方が分からなければ、動物病院を受診してみましょう。

ドッグフードの量だけじゃなく回数にも注意

愛犬の健康のためには、ドッグフードの量も大切ですが、その回数も重要になってきます。

生後6~8ヶ月までの幼犬期

乳歯が生えてくるまでの、生後3~4週間目頃までは子犬は母乳で育ちます。

それ以降は、ドッグフードを食べられるようになりますが、与える回数は3~5回に分けるようにしましょう。

また、3~4ヶ月目まではドッグフードをふやかして食べさせます。

回数を多くするのも、水分で柔らかくするのも子犬の成長していない未成熟な消化機能を助けてあげるためです。

1日に必要な量を3~5回に小分けにして与えてください。

成犬

成犬の場合は1日に必要なドッグフードの量を通常は2回に分けて与えます。

ただし、小食な犬の場合は回数を3回に増やし、1回分の量を少なくしてあげるなどの工夫も必要です。

老犬

7~8歳くらいになってくると、個人差もありますが段々と運動量が減り食欲も落ちてくるものです。

そんな時には、1日の食事を3回に分けてあげる事がオススメです。

ただし、老犬といっても散歩も大好きで成犬並みに食欲も運動量もある場合などは1日2回でも大丈夫ですよ。

また、老犬の場合はシニア期用のドッグフードへ切り替えてあげるという選択肢もあります。

特にドッグフードの与えすぎに注意

ドッグフードは与えすぎても少なすぎてもいけませんが、特に与えすぎによる肥満に注意してもらいたいものです。

最近では、肥満傾向にある飼い犬が増えていますから、愛犬の欲しがるままに餌を与えないようにしましょう。

人間と同じで肥満は様々な病気を引き起こしてしまいます。

犬も肥満になる事で、心臓などの臓器や足腰に負担がかかってしまうので注意しなければいけません。

肥満から足腰が悪くなり、運動量が少なくなれば更に健康状態は悪化してしまうからです。

飼い主が正しいドッグフードの量を与えてあげることで愛犬の健康管理をしてあげてくださいね!