「あなたが愛犬に食べさせているドッグフード、本当に安全なものですか?」
突然質問させて頂きますが、これに即答することは出来るでしょうか。

私たち人間が普段口にしている食物は、しっかりと品質管理されているようなスーパーやレストランのものであり、少しでも怪しいと感じたものは口に入れないと思います。

例えばですが、明らかに市場相場よりも値段が安いと感じるような食べ物だと、「安すぎておかしいな・・・何か怪しいものでも入ってるんじゃないか?」と思って口にしないはずです。

それにも関わらず、市場相場よりも明らかに安価な質の低いドッグフードを与えている人も多いのではないでしょうか?

人間の食べ物と同じように、ドッグフードも明らかに安いものには理由があるんです。

危険なドッグフードが売られているという事実を知ってほしい

私達は無意識の内に、「スーパーやペットショップで売られているドッグフードは安全なもの」と思ってしまっているのですが、実はそうでもありません。

皆さんは「4Dミート」という言葉を知っているでしょうか?

おそらく、愛犬もしくは愛猫に安全で美味しいフードを食べさせたいという当たり前の感情をお持ちの方は、この単語を見聞きしたことがあるのではないかと思います。

4Dミートとは、

  • Dead(死んでしまった動物の肉)
  • Dying(死にかけだった動物の肉)
  • Disabled(障害があった動物の肉)
  • Diseased(病気のかかっていた動物の肉)

以上、4つの言葉の頭文字を併せたものの事を言います。

上記の言葉の意味を考えて頂ければわかると思いますが、人間が口にする食品基準で考えれば大問題になり兼ねないような動物の肉を混ぜ合わせて作られたドッグフードが、当たり前のように市場に出回っているという現実があるんです。

「本当にそんな物が売られているの?」と疑問に思うかもしれませんが、今のドッグフードは原材料をパッケージの裏面に明記する事が法律で定められてはいるものの、これらは「ミートミール」や「肉副産物」、「家禽副産物」といった名称で誤魔化されて明記されているんです。

当たり前の話ですが、「病気にかかっていた動物の肉を使っています!」と明記されたペットフードなんて誰も買わないと思いますが、実際にこういったフードを購入して愛犬に食べさせてしまっている人もいるでしょう。

これは「知らなかった」で済まして良い問題ではなく、家族のように大事にしている愛するワンちゃんなんだとしたら、与えるフードの原材料にどんなものが含まれているかどうかを確認した上で購入するのが当たり前ではないでしょうか。

安心して食べさせられるドッグフードを紹介します

安全なドッグフードについて詳しくもっと解説したいところですが、非常に長くなってしまうので、まずは私が数あるドッグフードを比較した上で、安心して食べさせる事が出来るドッグフードを紹介していきたいと思います。

原材料をしっかりと確認した上で、品質が高く本気で犬の事を考えられて作られているドッグフードのみ厳選して紹介していきますので、愛犬に健康で長生きして欲しいと願っている飼い主さんはここから選んで与えてあげるのが良いでしょう。

まずは、私が実際に愛犬達に与えている2種類のドッグフードを紹介します。

イギリス産カナガンドッグフードが一番おすすめ

イギリス産アランズナチュラルドッグフードもおすすめ

ネット上の評判が良いおすすめの無添加ドッグフード

続いて、私自身が与えている訳ではありませんが、原材料を確認した上でネット上での評判も良いおすすめの無添加ドッグフードを紹介していきます。

やはり、人間と同様に犬だって好き嫌いもありますし、ワンちゃんによって食いつきが良いフードと悪いフードがあります。

上記で紹介した2種類のドッグフードを以前も与えた事があるなどの場合、以下のおすすめのドッグフードを試してみてください。