自宅で飼っているワンちゃんが可愛すぎて、ついつい自分が食べているものをあげてしまいがちですが、玉ねぎなどのネギ類を犬に与えてはいけないのをご存知でしょうか?

知らないと大切な家族が危険な目にあってしまいます。

今回は玉ねぎを食べてしまうとどうなってしまうのか取り上げたいと思います。

食べたらどうなるの?やばい?

玉ねぎや長ネギなどのネギ類を食べると、ネギ中毒という中毒症状が起こってしまいます。

ネギに含まれている有毒成分によりヘモグロビンが酸化され、血管内で溶血が起こります。(簡単に言うと赤血球が溶けてしまうのです)

これを溶血性貧血といいます。

貧血のほかにも黄疸、呼吸器症状や尿などに異常が見られる場合もあります。

最悪、命の危険もあり、知らなかったでは済まされない問題です。

飼い主さんが一番わかりやすく異常に気付けるケースは尿の異常です。

ネギ臭のある尿をし、赤っぽい尿が出ていたらすぐに察知してあげてください。

お散歩に行って赤いおしっこが出たり、トイレシーツが赤かったりとびっくりするかと思いますが、ネギ類を食べたのでは?と考えるべきですね。

また、昨日までは元気いっぱいだったのに、今朝になって元気がなく食欲がないなどの症状も出ます。

赤いおしっこが出てびっくりするかもしれませんが、まずは落ち着いてすぐに病院に連れて行きましょう。

たまねぎは他の動物なら大丈夫なの?

犬以外にも猫、ハムスター、フェレットなどほとんどの動物に与えてはいけません。

犬以外の動物も同様に気を付けなければなりません。

中毒を起こしやすい食べ物

彩鮮やかな野菜たち

すき焼き、ハンバーグ、牛丼などネギ類が入っている食べ物は基本的にダメです。

熱処理がしてありますし、お肉だけなら大丈夫と思うかもしれませんが、一緒に混ぜてあったり煮たりしていることによりネギの成分が溶けてお肉にもうつってしまっています。

特に汁にはネギの毒素が解けていますので、汁だけだからといって与えるのもNGです。

また、ネギだけでなくニンニクなども注意が必要です。

ここ最近では、市販のドッグフードではなく、ごはんを手作りして与えている飼い主さんもたくさんいますが、離乳食などで使用するオニオンパウダーなどももちろん使用してはダメです。

ドッグフードの手作りは正直難易度が高く、あまりおすすめでは出来ません。

玉ねぎだけ?

玉ねぎだけでなく、チョコレートもカフェインが原因で与えてはいけません。

ココアなど牛乳に混ぜていてもダメです。

玉ねぎと同様に下痢や嘔吐などの症状が出ますので、少量だからといって与えてはいけません。

少しずつ与えていくと急に症状が出る訳ではありませんが、体内に蓄積されていって、一気に症状が噴出してしまう危険性もあるのです。

もしも誤って食べさせてしまったときは・・・

誤って玉ねぎを食べさせてしまったり、症状があらわれたらすぐに病院へ行きましょう。

手遅れになってからでは遅いですからね。

その際に、必ず玉ねぎを食べさせてしまったことを獣医さんに伝えてください。

怒られる、恥ずかしいと思って言わないよりもワンちゃんの命のほうが大事です。

また、食べ物のせいだと思っていない飼い主さんもいるので、獣医さんが何を食べたかなど聞いてくることもあります。

獣医さんも話してくれたほうが適切な処置ができますし、迅速な対応ができますので、正直に答えてください。

いつ食べさせたのか、どれくらいの量か、症状が出てからどのくらい経つのかなど詳しく聞かれるでしょう。

慌ててしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて獣医さんに任せましょう。

どんな治療をするの?

軽症の場合は、ネギ類を食べることをやめれば自然回復します。

一方、重症な場合は症状に合わせて輸血を行ったり、必要に応じて点滴、強心剤、利尿剤の投与を行います。

出来る限り安静を保つよう、心がけましょう。

予め防げるものだからこそ

玉ねぎだけではありませんが、このような中毒症状は起こさないで済む病気です。

飼い主さんの判断一つで起こるか、起こらないか決まってしまうのが中毒なのです。

その点から、日頃から予防をすることがが最も大事なポイントとなるでしょう。

また、犬を飼っているお友達や知り合いにも知らない方がいるかもしれないので、こういった情報は積極的にシェアしてあげると良いと思います。

病気になってからでは遅いですので、普段から周りの方たちと話し合ったり、情報を交換することによりお互いに助かります。

まとめ

今回は玉ねぎを取り上げましたが、与えてはいけない危険な食べ物が他にもたくさんあります。

また、食べ物だけではなく殺虫剤や消毒薬なども口にしないように日頃からの注意が必要です。

近年のペットブームにより、良く動物の勉強をしないで安易に飼育する方が増えています。

また、動物を自分たちと同じ立場で考えてしまい人間の食べ物を与えてしまう飼い主さんも多いです。

欲しがるから、かわいいからといってむやみに与えてはいけません。

病院に行って注射をしたり検査をすることにより、わんちゃんに負担がかかってしまいます。

逆に命を縮めてしまうことをしてしまっているかもしれないのです。

あげたくなってしまう気持ちはわかりますが、わんちゃんのためと思って人間の食べ物を与えないということが一番です。

何か疑問に思ったり心配な時は、自分だけで判断せず、すぐにかかりつけの獣医さんに相談することが大切ですよ。